SPECIAL

 

いま話題の進化感覚イベント『Switch III』に潜入! 〜インタビュー編『MIMI』高松 舞さん〜

618()、ミルボン名古屋スタジオにて開催された『Switch III』で講師を務めた『MIMI』総店長の高松 舞さんに、イベント開始前の貴重なお時間をお借りしてインタビューを敢行。今業界で注目されている美容師の一人でもある高松さんが、デザインする上で意識していることや、今の立ち位置だからこそやるべきことなどを訊きました。


「『MIMI』を背負っている私がお店のイメージを作ることになるので、常に意識してデザインしています」 

MIMI | 高松 舞


—高松さんは今日のような講師を以前からされていますが、毎回どのような気持ちで臨まれています?

 

まだ『worker』や『MIMI』のことを知らない人も多いと思うので、まずはお店を知ってもらうことを考えます。それから、時間を割いてお金も使って来ていただくので、来た人たちが何かを得られるようにとは思っているのですが、私もまだまだ未熟なので、一緒に共有してみんなで盛り上がるようにしたいと思いながら臨んでいます。

 

—そのための準備も結構されます?

 

サロンワークや撮影といった普段していることを伝えることが多いので、特別準備をすることはないです。普段通りにやっちゃう感じが多いですね()

 

—その方がリラックスできていいかもしれないですね。高松さんは今『MIMI』の総店長とですが、オーナーの蜂須賀さんの右腕でもあると思います。その立ち位置として意識していることはあります?

 

オーナーは偉大だと思うので言っていることは絶対かもしれないですけど、一緒にやっていく上で全部を受け止めなければいけないわけではないと思うので、私なりにオーナーの言葉を解釈して、下のスタッフに伝えることは意識しています。それは近くにいるからこそできることなのかなって。

 

—確かにそう思います。次にデザインについてお聞きします。高松さんはどこに重きを置いています?

 

カール感です。ストレートタッチもカッコいいと思うんですけど、女性らしさという点で私はカール感に重きを置いてやっていることが多いです。カッコいいデザインも作りたいんですけど、『MIMI』を背負っている私がお店のイメージを作ることになるので、そこは崩せないですね。だから、カールプラス何かを常に考えて作っています。

 

—カール感が軸なんですね

 

アシスタントの時からそこだけはブレていないです。ブレないことも大事ですけど、時代の変化についていくのも大事なので、そこも考えながらやっています。

 

—デザインカラーのお客様ばかりなんですね

 

そうなんですよ。でも、デザインカラーが私の強みですから。

 

—そのスタイルをインスタにアップされていると思いますが、店長という立場である今と以前とでは載せる基準は変わりました?

 

変わりました。『worker』の頃はカッコいい要素が多かったんですけど、『MIMI』の店長になってからは、かわいいがメインになりました。それに、いま私のインスタを見る方は『MIMI』として見ると思うので、そこは意識して載せています。

 

—その写真やスタイルが支持されているのはなぜだと思います?

 

よくそう言ってくださるのですが、自分ではなぜだか分かっていなくて()。ただ、今日の『Switch III』や今の取材のように依頼をいただくので、これまでやってきたことは間違っていないんだなとは思っています。

 

—そんな高松さんは、20代前半の頃どのようなことを意識して働いていました?

 

とりあえずがむしゃらにやっていました。あと、まずは人の意見を素直に聞き入れてから自分の意見を言うことを大事にしてきました。そうすることでデザインにすんなり落とし込めるのかなと思っています。

 

—今お店で20代前半のスタッフさんも働いていると思います。その若いスタッフさんたちにもその高松さんの経験を伝えているのでしょうか?

 

若いスタッフには、まず挨拶や礼儀をしっかり教えています。それができるようになって初めてデザインをやろうと。それに、SNSばかり見るのではなく、自分で見に行った場所の風景やそこにいる人の髪などからインスピレーションを直に感じた方がいいと思っているので、「SNSやネットの世界を鵜呑みにするんじゃなく、自分で行動して何かを得る方がためになるよ」という話もしています。

 

—その通りだと思います。では最後に高松さんの目標をお願いします

 

今は私自身というより、お店の目標を達成できるようスタッフみんなでやっていきたい思いの方が強いです。私が出たい、売れたいよりもスタッフに出てほしいし、そのスタッフのサポートができるようになりたいです。

 

 

 

INTERVIEW BY N.TSUBOI

FOLLOW ME

The MIRRORを今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!

Facebook
Twitter
Instagram
YouTube